パソコンによる首のこり解消法

pcパソコンによる首のこり解消法

こんにちは。パソコン作業をしていると、首のこりがハンパない市川です(涙)

ただ、前回の記事でご紹介した 目のストレッチや、肩こり解消法、また、今からご紹介する、パソコンによる首のこり解消法を行うことで、痛みやコリといった悩みから 随分と解消されています。

当初は、整体に行くつもりだったのですが、今のところその必要もなく、
今にいたります。

今回はその、視力回復のプロから学んだ、パソコンによる首のこり解消法
ご紹介いたします。

前回の記事の方法と合わせて、パソコンによる首のこり解消法を行って頂く
ことで、首のこりだけでなく、肩のこり、目のこりも解消されます。

 

視力回復のプロが教えて下さった方法

今からご紹介する、パソコンによる肩こり解消法は、以下のサイトの
楽々!視力アップマニュアル(2、首と肩の体操:69ページ ) の内容。

 >> 楽々!視力アップマニュアルの詳細はコチラ

上記のマニュアルの中の1部を、許可のもと抜粋してご紹介いたします。

 >> 目のストレッチに関しては、コチラで公開しています。

 

パソコンによる首のこり解消法のやり方

しかし、なぜ、パソコンを使用していると、首のこりに悩まされることに
なるのか? その理由や根拠は、前回の記事でお伝えいたしましたので、
まだ 読まれていない方は、この記事一番下より ご覧ください。

さて、前置きが長くなりましたが、早速、パソコンによる首のこり解消法
そのやり方をお教えいたしましょうー!

パソコンによる首のこり解消法

▼首を左右にねじる運動

1.首を左方向へ限界まで ( アゴが肩の位置に来るぐらい )
ねじりながら、息をゆっくり吐き出します。

2.その後、首を真正面に戻しながら 息を吸い込みます。

3.そして、再び息を吐きながら 首を左側にねじります。

4.1~3の動作を3回繰り返します。

5.4が終わった後は、反対側(右側)も同様に、3回行います。

1~5が終わりましたら、首が回しにくいな…と感じた側を、再度、
行ってください。

というのも、首は 回しやすいと感じる方向に、無意識で回すことが多いからです。
それによって、気づかない内に 首の骨が歪んでしまうこともあります。

▼首の前後運動

1.まず、真っ直ぐ首を伸ばした状態で息を吸います。

2.次に、ゆっくり息を吐きながら、首を後方へと倒していきます。

3.首を後ろに倒した際には、口を開けたり閉めたりします。

4.そうすることで、喉の甲状腺ホルモンを刺激することができ、
ホルモン液の分泌が促され、疲労回復や 覚醒を促す効果があります。

▼首をぐるりと回す運動

1.ゆっくり息を吐きながら、首を大きくゆっくりと時計回りに
3回ほど回します。

2.同様に、反対方向 ( 反 時計回り ) も 3回行います。

3.左右どちらも首を回す際には、できるだけ、大きくゆっくりと
回して下さい。

息をゆっくりと吐きながら 首を回すことで、首の筋肉のこりも
取れて行きます。

上記の パソコンによる首のこり解消法と、前回の目のストレッチと
肩こり解消法をセットで行って頂くことで、より一層 効果が高まります。

なぜならば、パソコンによる首のこりが起きている。ということは、
それだけ、目も疲れている、肩の筋肉も硬直している
はずだからです。

ですので、必ず セットで行って下さい。

以上、プロから教えて頂いた、パソコンによる首のこり解消法
お教えいたしました。

今日も最後までお読み下さり、誠に ありがとうございました。

市川 信明

<<21話:パソコンによる肩こり解消法23話:目と脳の疲労回復で視力アップ?>>
パソコン近視 目次に戻る

■より効率よく、短期間で視力アップしたい方へ

コメントを残す