目を動かすのが難しい…その悩みを解決!

dorai目を動かすのが難しい…その悩みを解決!

こんにちは。市川です。本日も 当サイトにお越し下さり、誠に ありがとうございます。

さて、これまでさまざまな視力アップトレーニング法をご紹介して参りましたが、中には、「 顔を動かさずに、目を動かす、目だけを動かすのが難しい 」「 上手くできない 」 と言われる方も いらっしゃるかと思います。

私たちもはじめは、やっぱり、目を動かすのが難しく上手くできませんでした(汗)

気を付けていても、自分では気づかなくても、顔も一緒に動いていることなんて
たくさんありました。

そんな時は、長女の頭を「グワシッ!」と 鷲掴みにして行ったものです(笑)

逆に、私の頭が動いているときは、長女にガシッ!とつかまれてましたから。

 

誰もがはじめは、頭は動いていると思います。

なぜなら、誰もが慣れないこと、普段 使わない目の動きのトレーニングを
しようとしている
のですから、至極 当然だと思います。

もし それが初めから出来ているのであれば、視力トレーニングを行う必要が
ないレベルで、視力も良いでしょうから。

ですのではじめは、誰かに頭を持って固定し、目だけを動かす練習を行うと
良いと思います。

すると、次第に体が覚えてきて、目を動かす感覚が分かってきます。

 

一人で行うときは、テーブルなどにアゴを乗せて行うと、目を動かすときに
乗せているアゴも動くので、一人でも顔が動いているか、どうか、分かりやすい
と思います。

顔を動かさないで、目だけを動かそうとする。それだけでも意味がありますので、
上手くできなくても、実際には トレーニングになっています。

ですから、初めは慣れなくても 頭が動いても、誰かの協力を得ながら、あるいは、
テーブルにアゴを乗せながらでも、実践してみて下さい。

これらのトレーイングは、実際に行ってみることに意味があり、視力回復にも
効果がありますので。

 

それでも、「上手くできない」「もっと効率よく 効果的にやりたい」という方は、
記事最後にある“バナー”から、イチロー選手も取り入れている 視力アップ法を
お勧め致します。

頭を固定したり、とか、目を動かす、とか、そのような類のモノではなく、
ゲーム感覚で行える 視力トレーニングなので、効率よく かつ、短期間で
視力アップを実現することが可能になります。

そのような方法もありますが、頭を動かさずにできる方は、上記の方法を
まずは お試しください。

今日も最後までお読み下さり ありがとうございました。

市川 信明

<<15話:道具を使わず視力を上げる方法17話:仮性近視の回復法 >>
視力アップノウハウ目次に戻る

■より効率よく、短期間で視力アップしたい方へ

コメントを残す