1分20秒で目の疲れを取る方法

nezou■1分20秒で目の疲れを取る方法

こんにちは。連日の熱帯夜で 寝苦しく、かなぁ~りイライラしている 市川です。

夜なのに蒸し暑いなーっ!と キレ気味で 室内温度計を見てみたら「28℃」。

それも1日だけでなく、ほぼ毎日「28℃」前後の熱帯夜。明らかに、去年よりも「何か」が違うことを感じている 今日この頃…

次女の寝相も「何か違う」ことに気付きつつも、今日も早速、目の疲れに関する
視力のプロから学んだ、目の疲れを取る方法を、お送りしたいと思います。

 

さて、パソコンやスマホ、携帯、ゲーム、絵本、絵などを長時間していると、
目の疲れを感じた経験は、誰もが1度はあるでしょう。

実は、この「目の疲れ」は、目にとってはとても必要な「疲れ」なのです。

というのも、「疲れを感じる」ということは、それだけ筋肉に負荷を与えて
いるからです。

たとえば、体の筋肉がもし疲れを感じないとしたら、それは、筋肉が衰えて
しまうことになります。

パソコンのお仕事をされていらっしゃる方は、足腰を使う機会が少ないため、
足腰周りの筋肉が低下し、腰痛などの身体症状が現れたり、階段を上ったり
運動をすると、すぐに筋肉が限界を迎えてしまうのです。

 

ですので、「目の疲れ」を感じる程度に筋肉を働かせ、その後に、
目の疲れを取る方法や、ストレッチを行ってあげることで、筋肉を休養させ、
栄養と酸素を与えてあげることができれば、筋肉は柔軟性と若々しい機能を保ちます。

逆に、先ほどのパソコン作業と同じように、一定の姿勢を保つことで、
足腰の筋肉を使わないでいると、筋肉は疲労を感じることもなければ、かえって、
筋肉の機能低下を加速させてしまうのです。

目の筋肉も同じです。

目を適度に疲れさせ、その後、目の疲れを取る方法や ストレッチを行ったり、
休養を与えてあげることが、とても大切なのです。

 

たとえば、目の疲れを取る方法として、パソコンやスマホの 近くの物(画面)を
見たら、次には遠くを見る。明るいところで見たら、次は、暗い所で見る。

このような大きな変化を繰り返すことが、目を適度に疲れさせてくれるのです。

テレビを見たり、パソコン、スマホ、携帯、ゲームを見たり、したりするのが
悪いわけではありません。

テレビ“ばかり”を見ているが故に、視力低下を招くのです。

 

本を読むのが悪いわけではありません。
本“ばかり”見ているが故に、視力が低下するのです。

近くの画面、文字を見たら、遠くを見る。暗いところで見たら、明るいところで見る。

IT化が進み、便利になった近代社会では、このような大きな変化に対する
目の疲れを失いガチです。

目の疲れを感じることは、とても良いことです。

ただし、目の疲れを感じたときには、目の疲れを取る方法の1つとして、近くを見たり、
遠くを見たりしながら 目のストレッチを行い、休養を与えることが必要
なのです。

 

このサイトでも、イチロー選手も取り入れている 視力回復トレーニング
2161人の視力を、90日間以内に“0.3 → 0.8以上”まで回復させ、
メガネ・コンタクトから解放へと導いた、プロの視力トレーナ。

その、視力のプロから学んだ「目の疲れを取る方法」を以下に、ご紹介しております。

特に、目の疲れや、目がショボショボする感じがする方、視力低下に悩んでいる方は、
必ず 実践されてみて下さい。

 >> 1分20秒で実感!目のストレッチで視力アップ!

 

なぜならば、数多くの方が以下の方法を実践後、

「 目の疲れや ショボショボする感じが軽くなった! 解消された! 」
「 なんだか、物や 景色の見え方が変わった感じがする! 」

という 嬉しいお声を頂いているからです。

かくいう 私も、目の疲れを取る方法を実践後、ショボショボする感じが解消され、
物の見え方が変わった体験
を致しましたので、自身の体験からも、必ず 実感して
頂けると確信しています。

それでは、今日も最後までお読み下さり ありがとうございました。

市川 信明

<<1話:目の筋肉を鍛える理由3話:目のトレーニング「遠近ストレッチ」>>

■より効率よく、短期間で視力アップしたい方へ

コメントを残す