視力改善法:日常から目を良くする6つの方法

kodomo1■6つの視力改善法

こんにちは。市川です。サイトにお越し下さり、誠に ありがとうございます。

さて、早速ですが、前回の続き「視力改善法」をお送りしたいと思います。

今の視力低下が起こっている原因は、病的な問題でない限りは、目の筋肉の疲れ、衰えによるものが大きいです。

そして、それは、日常生活において とても目を酷使していたり、過剰な負荷をかけているからかも知れません。

 

たとえば、長時間パソコンで作業をしたり、スマホやアイパッドなどを眺めたり、
ゲームを長時間したりなど、一定の光量で、しかも、ほとんど目を動かすことの
ない環境、それによって、目を動かす機会の減少。

さらには、液晶画面の文字や絵などを見続けることは、目にかなりの負担を
与えることになるため、それによって、目に負担を与えている。

それらの要因が考えられます。

もし、そのような環境の中で、必死に目のストレッチや視力回復トレーニングを
実践したとしても、大元の 視力低下の原因が解決されていなければ、思うように
視力が回復しなかったり、一時的に視力が上がったとしても、また、視力低下を起こします。

そこで大切になるのが、日常生活レベルから、視力アップ、視力を維持する
環境を作っていく 視力改善法が大切になってきます。

前回は、その日常生活レベルから行う 視力改善法を5つ、ご紹介いたしました。
今回も6つの方法をご紹介したいと思います。

 

■日常生活レベルから行える視力改善法

6.読書、勉強、机の上での仕事は30分、又は、1時間に1回休憩

 本当は30分が望ましいのですが、集中していると どうしても30分は
 あっという間に過ぎてしまいます。

 キッチンタイマーや、スマホのタイマーを利用して時間をセットする
 など行いながら、30分ごと、あるいは、1時間以内に手を置いて、
 遠くを見つめるなどの 視力改善法で、目を休ませてあげて下さい。

 遠くの森や、空、星空、ほんの数分でも眺めるだけでも、目はリラックス
 できる上に、脳もリラックスさせることが出来るのです。

 目だけでなく、脳も休ませ、読書、勉強、机の上での仕事の効率を
 上げる上でも、1時間以内に目を休ませることは大切です。

 

7.「6」を行う際は正しい姿勢で行う

 背筋を伸ばして座り、本であれば、本との距離を30センチ以上に保つ
 ことが大切です。

 目のためにも良いことはもちろん、悪い姿勢のまま行うと、骨がゆがみ、
 筋肉に緊張を与えることになります。

 結果、血液の流れも悪くなり、目や脳への血流も悪くなり 視力低下の
 要因の1つになるばかりか、腰痛や肩こり、首のこり、など、身体的症状が
 でることになり、痛みから集中力、記憶力も低下します。

 

8.疲れやストレスを感じたら 運動をするなどリフレッシュする

 目の疲れやストレスは、遠くの景色や空、星空を見るだけでもリラックス
 させることができます。

 それ以外の視力改善法としては、ウオーキングや 公園で遊ぶ、など、
 全身を使った運動も効果的です。30分程度。

 それによって、目の神経だけでなく全身の神経系をリフレッシュさせる
 ことができ、より一層、目も頭もリフレッシュさせることができます。

 

9.パソコンやスマホは、30分ごとに休憩をとる。

 パソコンやスマホなどの液晶画面は、光量が一定であることもそうですが、
 文字などとても見にくく、目にとっては強いストレスとなり、緊張を強いる
 環境にあります。

 ですから、私のようにパソコンを使いだして、視力の低下を感じだした
 方も多いことでしょう。

 パソコンにおける視力改善法としては、30分パソコンの仕事をしたら、
 30分はパソコン以外の仕事をするなど、パソコンから離れることも必要です。

 

10.テレビ、ゲーム類は1時間を限度とする。

 今の時代、多くの家庭に1台はDSなどの携帯ゲームが普及しています。

 テレビ画面との距離は3m以上離れて見る、ゲームは30分ごとに休憩する
 ことが、視力改善法の1つです。

 何よりも、テレビを見る、ゲームをする、それ意外に楽しめる趣味や
 遊びを見つけることが大切です。

 ゲームの無かった時代には、自分たちの頭で考え、外で思いっきり遊んだり
 していましたが、あれは本当に、最強の視力改善法だと思います。

 

11.髪の毛が目にかからないヘアスタイルにする。

 男性でも髪の長い方もいらっしゃいますが、わが子も前髪が目にかかる
 ようなヘアスタイルをしていました。

 私自身も、片目にかかるぐらい前髪が長かった時期もありますが、これは、
 本当に「うっとおしい」と感じてました。子供も同じです。

 そしてこの「うっとおしい」という感じは、視覚を始めたした神経系も
 大きなストレスを感じています。視神経系のストレスは、視力低下の
 原因にもなります。

 この場合の視力改善法はシンプルです。髪の毛が目にかからない
 ヘアスタイルにすること。です。

2回に分かって、視力改善法「1」~「11」までご紹介して参りましたが、
全てを一気にやってしまうと、長続きしません。

今週、または、今月は「1」「3」など、今できることを優先的に取り組み、
1つ1つ出来ることから初めてみて下さい。

短時間で一気に変える 短期的な視点で行うのではなく、長いスパンで取り組む
長期的目線で 行っていくことが大切
です。

長期的目線で物事を捕え 考えていく思考や、仕事でも人間関係でも、全ての
ことに必要なことですから、どうか、長い目で「1」~「11」を取り組んで
みてください。

視力改善法「1」~「11」全てを行う必要はありません。

お子さんと一緒であれば、一緒にどちらが先にできるか、競争しながら
行うと、お子さんも視力改善法を行いやすいですよ★

次回は、お子さんの視力が低下する7つの兆候をご紹介いたします。
今日も最後までお読み下さり ありがとうございました。

市川 信明

<<12話:視力を良くする方法5つ14話:視力が低下する7つの兆候 >>
視力アップノウハウ目次に戻る

■より効率よく、短期間で視力アップしたい方へ

コメントを残す