ただ眺めるだけで目の良くなる方法

dorai■ただ眺めるだけで目の良くなる方法

こんにちは、市川です。
あまりの暑さに、体中の血液が 沸騰してしまいそうな 市川です。

これだけ暑いと、意識もモウロウとしてしまいそうですが、そんな意識を使った目の良くなる方法を、今回は、ご紹介したいと思います。

この、視力アップのプロから学んだ、意識して見るだけで目の良くなる方法は、
以前にもご紹介いたしましたが、ただ集中して物を見るだけで、目の筋肉を
鍛えることができ、視力アップに役立つ方法
です。

しかし、なぜ、集中して物を見るだけで 目が良くなるのか?

ただ眺めるだけで目の良くなる方法をご紹介するとともに、そのことに
ついても、今から言及していきます。

 

まず、人は当たり前のように、歩いたり、歯磨きをしたり、しゃべったり、
字を書いたり、絵を書いたり、物を使ったり、泳いだりしています。

これらは、当たり前のように思えても、実は、最初からうまく出来ていた
訳ではありませんよね?

赤ちゃんの時は、歩くことも出来なかったはずです。

しかし、自然と上記のことが出来るように、しかも、こうしよう、と意識した
だけで、それらの動作を自動的にできるようになっています。

筋肉もそれに合わせて、その動作をするべく、自動的に動いています。

 

「歯磨きをするから、この筋肉と、この筋肉を動かそう!」

とは、誰も思いませんよね? 筋トレを本格的にしていない人でない限り、
普段は意識する人は、まずいないと思います。

つまり、私たちは普段の生活の中から、自分の意思で動かす随意筋を、ほぼ無意識で
不随意筋のように動かすことが出来ているんですね。

 

これを目の筋肉に置き換えてみると、

普通よりも、遠くが見えて近くが見えない 近視にしても、近くが見えて遠くが見えない
遠視にしても、勝手にそうなっているのではなく、自分の意思によって見えにくく
なっていると考えられます。

ご存知の通り、視力の低下の主な原因は、目の筋肉を使わないことによる
筋力の衰えにより、ピントを合わせる調整力が低下
しています。

つまり、それだけ目の筋肉を使う機会がない、ということが言えます。

自分の意思によって見えにくくなっている、というのは、自分の意思で遠くのものを
見ようとしたり、近くのものを見ようとしている機会がそれだけない、といえます。

普段、近くのモノをゲームやテレビ、本、絵本を見たり、読んだりしている時は
意識して、集中して近くの物を見ていますが、遠くのモノを見る時は、それと同じ
ぐらい、意識して、集中して 見ることはあるでしょうか?

おそらく、テレビやゲーム、パソコンをしている時ほど意識して、集中して見る。

ということは、ないと思います。

 

筋肉は、使わなければ機能が低下する。という、人体の構造上 動かしようのない
事実があるのですから、本人が遠くを見ようと意識すればするほど、遠くを見る
目の筋肉を使うことにより、遠くを見る機能が維持できます。

逆に、近くのモノを見ようと意識すれば、近くを見る目の筋肉を使うことになり、
近くのモノを見る機能は維持できます。

つまり、近くのもの、遠くのものも、両方とも意識して使わなければ、両方の
機能とも低下してしまう
のです。

 

であれば、普段 意識して見ない遠くの景色を、パソコンの合間に集中して見る。
携帯ゲームや、スマホを使っている合間に、空や景色を意識して見てみる。

そのような目の良くなる方法だけでも、随分と違ってきます。

意識して空を眺めてみたり、森の木々の1本1本を意識して、集中して見る
目の良くなる方法だけでも、目の筋肉を鍛えることになります。

よく、パソコンの合間に 遠くの外の景色を眺めたり、空を眺めるようにしましょう。

というのは、そのようなメカニズムがあるからなんですね。

ですので、日頃から遠くの景色、空など、普段何気に見ているような遠くのモノ、
近くのモノを 意識して、集中して視るようにしてみて下さい。

それだけでも、目の筋肉を鍛えることになり、視力アップにつながりますので。

以上、ただ眺めるだけで目の良くなる方法をご紹介いたしました。
それでは、今日も最後までお読み下さり、誠に ありがとうございました。

市川 信明

<<28話:随意筋と不随意筋の違い30話:視力を維持する秘訣 >>
視力アップノウハウ目次に戻る

■より効率よく、短期間で視力アップしたい方へ

コメントを残す