網膜剥離の原因は近視である理由

eye■なぜ、近視が網膜剥離の原因なのか?

こんにちは。近視が進むほど 網膜剥離の危険性も高くなる。と聞いて、妻や 娘の目が心配で 夜も眠れない、心配性の市川です(汗)

娘は 日々視力回復トレーニングを行っているお蔭で、今では視力が1.2以上もあるので、今のところ心配はいらないのですが、妻は、メガネをかけても0.3なので、非常に心配です…。

しかし、なぜ、近視が網膜剥離の原因なのか?

今回は、視力回復のプロに、近視が網膜剥離の原因になる理由について
伺ってみましたので、皆さんにもシェアしたいと思います。

 

近視が進むと眼球の形が変形する。

視力回復のプロ曰く、近視が進むと、眼球がラグビーボールのように
伸びてしまい、網膜がはがれやすくなるからだそうです。

眼球が1~2ミリ伸びただけでも、網膜ははがれやすくなるため、
近視の悪化は、網膜剥離の原因の1つとして考えられています。

眼球の長さは24ミリ程度あると言われ、

  • 近視が悪化すると、眼球は1ミリ伸びる。
  • 強度近視になると、眼球は約2ミリも伸びるそうです。

 

しかし、なぜ、近視になると眼球が伸びるのか?

それは、目の運動不足にあるそうです。

特に、パソコンやスマホ、読書、絵を描くなど、近くの物を見たり、
凝視する時間が長ければ長いホド、ピントを合わせる筋肉ばかりが使われ、
眼球を動かす機能は ほとんど使われなくなります。

目を動かさなくても、見る物が近いホド 全体が見えるからです。

 

目の筋肉に限らず、足腰を使わなければ 足腰の筋肉が衰え、それによって
全体の筋肉のバランスや 姿勢が悪くなります。

それが、腰痛として現れることもあります。

それと同じように、目を動かす眼筋が衰えると、目全体のバランスにも
悪い影響を与えてしまうのです。

目の筋肉のバランスが崩れると、眼軸を正常な位置に保つことが出来なくなり、
眼球が伸びてしまう
と言われています。

それが、網膜剥離の原因に近視が挙げられている理由です。

 

この網膜剥離の症状は、日本全国では約256万人

以上もの人たちもいると言われています。

特に、パソコンやスマホ、携帯ゲームなど、近くのものばかりを凝視する
生活に陥りやすい現代人にとっては、誰もがなりえる可能性を秘めた
大変恐ろしい目の病気ともいえます。

では、網膜剥離などの目の病気にならないためには、どうすれば良いか?

専門家の方曰く、網膜剥離の原因が近視であるならば、目の運動不足が
主な要因となる。

目の運動不足が原因であるならば、その運動不足を解消して上げることで
網膜剥離を予防することが可能になると、断言されています。

 

では、どのような目の運動が最も効果的なのか?

それは、以下の4つの目の運動機能を 効率よく、短期間で高めてくれる
スポーツ医学的にも実証されているトレーニング
がお勧めです。

  1. 両眼視:両目がバランスよく見え、立体感・遠近感を持つ。
  2. 瞬間視 :瞬間的に見えた物・図形を、瞬時に判断・記憶する。
  3. 動体視力:早い動きにも、すばやくピント調節し合わせる。
  4. 周辺視野の拡大:中心から見える範囲を、上下左右に広げる。

>> 詳しくは コチラのサイトをご覧ください。

これらをトータルで効率よくトレーニングすることで、網膜剥離の原因である
目の運動機能が高まり、網膜剥離などの目の病気も予防することが可能
になるのです。

ですので、今 近視でお悩みの方将来的に網膜剥離の心配をしている方は、
網膜剥離になって 後悔しない為にも、ご自身のためにも、今すぐ、
上記のトレーニングを取り入れることを、オススメ致します。

私自身も、上記のトレーイングを親子ともども 日々行っていますが、
私たち現代人は、誰もが網膜剥離になりえる可能性を秘めている以上、
引き続き、親子ともども トレーニングに励みたいと思います。

以上、なぜ、近視が網膜剥離の原因になるのか?その理由について
プロから教えて頂いた内容を、お伝えいたしました。

今日も最後までお読み下さり、誠に ありがとうございました。

市川 信明

<<15話:子供の弱視は回復するのか?17話:近視矯正手術の落とし穴>>
近視を回復させる方法 目次に戻る

■より効率よく、短期間で視力アップしたい方へ

コメントを残す