老眼は回復するのでしょうか?その回答。

megane老眼は回復するのでしょうか?その回答。

こんにちは。夏風邪の影響で、未だに鼻水にダラダラ、身体も鉛のように重い 市川です(涙)

さて、前回の記事では、遺伝性の近視は回復するのでしょうか?というご相談について、視力回復の専門家の方からの回答をご紹介いたしました。

遺伝性の近視は回復するのか、については、この記事一番最後にある
前回の記事をご参考下さい。

今回もまた、ご質問の多かった老眼も回復できるのでしょうか?」という
内容についても、以前、視力回復の専門家の方にご質問したことがありますので
老眼は回復するのか?その回答を、この場を借りてお伝えしたいと思います。

 

老眼は回復できるのか?その結論は、もちろん回復します。

ただし、老眼の場合も、何も対策しなければ、近くのモノがどんどん、どんどん
見えなくなります。

そのような時は、たいがい、遠近両用のレンズをかけることが多いのですが、
そのようなレンズをかけて、近くのモノも、遠くのモノも見ていると、
今度は、遠くを見る遠視の視力も低下してくるのです。

これは、メガネ、コンタクトレンズをすると、視力が落ちる原理と同じです。

 >> メガネは視力低下を加速させる理由

10年以上も遠近両用のレンズに頼っていると、それまで視力1.5あった
はずなのに、0.1~0.2までに視力が落ちていた。ということも
珍しくありません。

ですから、できる限り裸眼で見て生活することを心がけることが大切です。

最近では、レーシック手術が手軽に行えるレベルにまでなってきました。

しかし、レーシックを行ったからといって、上がった視力を維持する
ことが出来るわけではありません。

いずれ、必ず視力は下がります。

あくまでも、一時的に視力を上げているにしか過ぎないのです。

また、最近レーシック手術の失敗も多発していますから、専門家の方も
レーシックはお勧めできない。という声を多く聴きます。

 

目の老化は脳の老化とも言われていますから、このサイトでも紹介している
目のストレッチや、視力回復トレーニングを行って、目と脳を鍛えれば
老眼も回復する可能性は大きいといえます。

あらゆる面でリスクの高いレーシックを選ぶぐらいなら、ノーリスクで出来る
アイストレッチや、視力回復トレーニングを行うことが賢明だと、個人的には
強くそう思います。

 老眼に効果的な視力回復トレーニングは、コチラの方法をご参照ください。

特に、ステップ2の遠近ストレッチが効果的ですので、上記の基本的な
視力回復トレーニングを行うことを、お勧めいたします。

以上、老眼は回復するのでしょうか?その回答を、視力アップのプロから
いただいた回答をご紹介いたしました。

今日も最後までお読み下さり、誠に ありがとうございました。

市川 信明

<<13話:遺伝性の近視は良くなるのか?15話:子供の弱視は改善するのか?>>
近視を回復させる方法 目次に戻る

■より効率よく、短期間で視力アップしたい方へ

コメントを残す