子どもの視力低下の原因は、目の酷使?

ai子どもの視力低下の原因は、目の酷使?

こんにちは。パソコンの文字の打ちすぎで、右腕が筋肉痛でシップだらけの市川です(汗)

さて、このサイトを お読み下さっている方は ご存知の通り、私の子どもの視力低下の原因は、

本や絵本を読んだり、書いたりすることが大好き。その、大好きなことに対して、周りの声・音が耳に入らないぐらい没頭しやすく、そのため、長時間“モノを凝視し続ける”ことが原因でした。

一方、大人の視力低下は いつの間にか進む傾向にあります。

 

子供のころから目が悪い人も、大人になって視力が低下した人も、大人の視力が
低下した原因
の多くは、仕事や趣味でパソコンを使っていたり、スマホ、ゲームを
長時間している人が多い
です。

一昔前は、20歳を過ぎたら近視は進みにくいと言われていましたが、IT化が
進んだ現代社会は、5歳のころからでも視力が低下する、そして、一端 低下すれば
どんどん視力の低下は進んでいく。

そんな時代になったのです。

大人であれば、特に視力検査などが無い限りは、知らない間に視力が低下し、
多くの人が強度近視になっているのが現状です。

ですから、パソコンやスマホ、ゲームなどを長時間される方は、ときどきでも
良いので、視力検査、屈折検査、眼底検査を行うことをお勧めいたします。

そうすることで、早期発見ができ、このサイトでもご紹介している視力回復
トレーニングを行うことで、視力を回復することができます。

 

視力回復には、大人も子供も早期発見し、1日も早くにトレーニングをはじめれば
はじめるほど、それだけ早く視力も回復します。

子どもの視力低下の原因は、

男の子は特に、テレビ、ゲーム、マンガ、ケータイが大半を占めており、
女の子にいたっては、読書や絵をかいたりすることが多いです。

大人になって目が悪くなっている場合は、高い確率でパソコンを使っているか、
スマホ、アイパッドなどを長時間使っていることが原因です。

パソコン近視に対する対策は、以下の記事でご紹介していますので、
パソコンを使っている方は、必ずご覧ください。

 >> パソコン近視対策はコチラをクリックしてご覧ください。

以上、子どもの視力低下の原因は、目の酷使?について、お伝えしました。
今日も最後までお読み下さり、誠に ありがとうございました。

市川 信明

<<7話:急に視力が落ちた!と焦る前に9話:目を酷使する以外の近視の原因 >>
近視を回復させる方法 目次に戻る

■より効率よく、短期間で視力アップしたい方へ

コメントを残す