眼鏡は目が悪くなる:正しい眼鏡の使い方

megane眼鏡は目が悪くなる:正しい眼鏡の使い方

こんにちは、市川です。本日もご訪問下さり、誠に ありがとうございます。

さて、これまでなぜ、近視は病院では治せないのか?また、眼科医自身、眼鏡やコンタクトレンズでは、目は良くならないことを分かった上で、進めている事実。

そして、ご存知の通り、眼鏡やコンタクトレンズは、使えば使うほど、
頼れば頼るほど、眼鏡は目が悪くなる、視力もどんどん低下していきます。

だからといって、眼科医では、低下した視力に合わせて度を強くした
眼鏡、コンタクトレンズを作る。そのため、余計にでもコンタクトレンズや
眼鏡は目が悪くなる。さらに視力も低下していく。

こうやって見ると、一見、眼鏡やコンタクトレンズは“悪”のようにも
見えますが、眼鏡もコンタクトレンズも、正しく使えば視力低下を防ぐことも
できますし、いずれは眼鏡、コンタクトレンズに頼らなくても良い生活に
戻すことも可能になる
のです。

 

骨折した時、車いすがなければ移動することさえ困難です。
松葉づえがなければ、思うように歩くことも出来ません。

それと同じように、眼鏡、コンタクトレンズを過度に遠ざけるのもまた、
良くないと考えます。

私の妻は、眼鏡をかけても視力は両目で「0.3」と、完全に弱視です。

その状態で、眼鏡は目が悪くなるからといって、眼鏡を過度に遠ざけ、
使わない生活を送るとなると、かえって危険だと思うのです。

物が見えない。ということは、それだけ危険が迫っていても気づきにくく、
階段から転んで落ちたり、机の角に体をぶつけたり、顔面を強打したりと、
事故が絶えないばかりか、下手をすると命の危険さえあります。

 

また、無理して裸眼で物を見ようとすれば、それだけ目を酷使することになる
のですから、より一層 目の筋肉は疲労し、視力の低下を加速させてしまいます。

さらには、ぼやけて見えにくいため、目をこすったりします。

目をこすったりすることで、目に雑菌が入ってしまい、目の病気になります。

これは、私自身がそうでした。

 

パソコンを使うようになってから一気に視力が低下し、見えにくいばかりに、
目をこすったりすることが多くなり、いつしか、目にゴミが入ったような、ゴロゴロ
するような違和感を感じ始め、アイボンをしても違和感は解消しませんでした。

そして、目の中にゴミが入っていないか確認してみようと、鏡を見てみたら
目イボが出来ていたのです。

ただ、「いずれ治るだろう…」と思い、アイボンで目を洗浄するだけにして、
これといった治療をしないまま数週間が経過したとき、目が開けられないぐらい、
まぶたが晴れあがってしまったのです。

急いでその知り合いの看護師がいる眼科に行って、抗生物質の入った点眼を行い、
切開して膿を出することを 覚悟していましたが、この時はなんとか、点眼治療と
軟膏を塗布する治療で 治りました。

 

私はもともと、眼鏡、コンタクトレンズを使うまで視力はまだ低下して
いませんが、もしこれが、眼鏡、コンタクトレンズを使う方であれば、
そのような目の病気になる危険性は、私以上に高くなるでしょう。

乱視の方であれば、乱視はさらに悪化します。

確かに、コンタクトレンズや眼鏡は目が悪くなることは事実です。

しかし、コンタクトレンズや眼鏡は目が悪くなるといっても、要は、
眼鏡、コンタクトレンズも、使い方の問題なのです。

 >> より詳しい 眼鏡、コンタクトレンズの正しい使い方は コチラ

 

眼鏡やコンタクトレンズも、正しく使いながら このサイトでもご紹介している
視力回復トレーニングを続けることで、徐々に 視力も回復していきます。

そして、いつしか、骨折した時に 一時的にお世話になる、車イスや 松葉づえと
同じように、眼鏡、コンタクトレンズも手放すことが出来るようになるのです。

そして、そのトレーニングを続けることで、5年後、10年後になっても、
眼鏡、コンタクトレンズに頼らない視力を維持することが出来るのです。

眼鏡、コンタクトレンズを使用していても、視力回復トレーニングをしている人と、
そうでない人とでは、時間が経てば経つほど、雲泥の差が出てきます。

一生 眼鏡、コンタクトレンズの生活を送るか、一時的に眼鏡、コンタクトレンズ
のお世話になり、5年後、10年後も眼鏡、コンタクトレンズに頼らない生活を
送るか?は、あなた次第です。

 

もし、「眼鏡、コンタクトレンズに頼りたくない!」と真剣に考えている方は、
このサイトでご紹介している視力回復トレーニングか、この記事一番下にある
イチロー選手も取り入れている視力回復トレーニングを実践してみて下さい。

徐々に 視力が回復していくことを実感して頂けるはずです。

以上、コンタクトレンズや眼鏡は目が悪くなる。そうならないための、
コンタクトレンズや眼鏡の使い方について、言及いたしました。

今日も最後までお読み下さり、誠に ありがとうございました。

市川 信明

<<3話:軽度・強度近視の視力回復法5話:目の視力の数値は常に変化している >>
近視を回復させる方法 目次に戻る

■より効率よく、短期間で視力アップしたい方へ

コメントを残す