専門家が教える、軽度・強度近視の視力回復法

rougan■軽度・強度近視の視力回復

こんにちは、市川です。本日もご訪問下さり、誠に ありがとうございます。

さて、前回の記事では、眼科医は近視の治療法は「ない」こと。しかし、近視の原因は、目の筋肉の衰えによって ピント調節力が低下している。

そのため、遠くのもの、近くのものを見ようとしたとき、被写体がハッキリ
見えるよう 目のピントを合わせることができず、ぼやけて見えたり、かすんで
見えてしまう。

であるならば、目の筋肉を鍛えることで近視、視力は回復する。実際に、
軽度・強度近視の視力回復法によって、数多くの方が視力回復している事実を
お伝えしました。

 

ですから、「近視をこれ以上進めたくない」と思うのであれば、今すぐ、
視力回復トレーニングを始めることが先決です。

このサイトでも、視力回復に効果的な「目のストレッチ」「視力トレーニング法」
をご紹介していますので、今すぐ実践されることをお勧め致します。

視力への不安を抱えながら、メガネ、コンタクトレンズを使い続けている限り、
一生 視力は回復しないどころか、近視の進行は進んでいきます。

そこで、強度近視の視力回復法として、視力回復のプロは以下の方法を
お勧めしています。

出来る限り「裸眼」で生活する。メガネ、コンタクトレンズは
必要な時だけ使う。

 

どうしても、メガネ、コンタクトレンズを使ってしまうと、常にメガネを掛けたまま、
コンタクトレンズをつけたまま、になりがちです。

しかし、メガネもコンタクトレンズも使うほど、近視の進行を早めます。

とはいえ、メガネ、コンタクトレンズを全く使わない、という訳にもいかない為、
視力回復のプロから頂いた、強度近視の視力回復法の1つとして、目の調子がいいとき、
裸眼でも問題ないときは、メガネ、コンタクトレンズを外す習慣を身に着ける。

実際に、軽度・強度近視の視力回復法を試してみた方からは、「やってみて良かった♪」
「以前より、裸眼でも物が見えやすくなった。」「視力検査の数値が良くなった。」

という声を たくさんいただくそうです。

軽度の近視であれば、メガネやコンタクトレンズは必要な時だけ装着し、
普段は裸眼で生活する。

それを意識するだけで、裸眼でいる時間も 少しずつ増えてくるそうです。

ある程度、近視の進んだ方であっても、近視の進行を抑制することもでき、
少しずつ視力を回復することも可能
になります。

目に良い環境を整え、このサイトでもご紹介している視力回復トレーニングも
行う事で、劇的に、視力は回復していきます。

 

【まとめ】

  • メガネ、コンタクトレンズは必要な時だけ使い、それ以外は裸眼で生活。
  • その生活を意識していくことで、裸眼でいられる時間も増えてくる。
  • さらに、目に良い環境を整え、トレーニングを行うことで劇的に良くなる。

以上、専門家からアドバイスいただいた、軽度・強度近視の視力回復法を
お送りいたしました。

今日も最後までお読み下さり、誠に ありがとうございました。

市川 信明

<<2話:眼科では近視は治せない:其の24話:眼鏡は目が悪くなる:正しい眼鏡の使い方 >>
近視を回復させる方法 目次に戻る

■より効率よく、短期間で視力アップしたい方へ

コメントを残す