子供の近視は鍛えれば必ず回復する

kodomo1子供の近視は必ず回復する理由

こんにちは。裸眼で「視力0,1」の妻と子どもと共に、視力アップに挑戦中の市川です。

さて、長女の視力を43日間で“0.5 → 1.2”まで視力アップへと導いて下さった視力回復トレーニングをはじめ、視力トレーニング法の多くは 目の筋肉を合理的に、かつ、体系的に実践できる方法です。

専門家曰く、子供の近視の原因は、病的な原因でない限り、ピントを合わせる目の筋肉の衰えにあります。

現代社会においては、テレビはもちろん、パソコン、スマホ、アイパッド、DS
などの携帯ゲームといった、近くの物を 長時間 眺めることが多いです。

ずっと、近くのモノを眺めていると ピントを合わせる必要がないため、ピントを
合わせる目の筋肉を使う機会もありません。当然、筋力も低下します。

現代社会において、子供の近視が年々増えているのもその為です。

 

目の筋肉だけでなく、体の筋肉も使わなければ筋力が低下し、衰えます。

筋肉だけでなく、人間の組織は、適度に使えば本来の機能を より長く維持
することが出来るのです。

特に、筋肉に限っては、唯一 高齢になっても鍛えれば 筋肉が付く組織です。

筋肉は、大小さまざまありますが、そのどれもが必要な筋肉であり、無駄なモノは
何1つとしてありません。

どれか1つでも筋力が低下すれば、全身の筋肉は繋がっていますから、
他の筋肉にまで影響を与えます。

また、筋肉は骨ともつながっているため、骨にまで影響を与えるだけでなく、
臓器にまでストレスを与えます。

ですから、子供の近視に限らず、人間の体の筋肉は適度に鍛えてあげることで、
本来の機能を発揮し続けることが可能になるのです。

 

目の筋肉であれば、目の筋肉を鍛えることで スムーズに ピントを合わせることも
出来るようになり、子供の近視も、遠視も、老眼も回復できるのです。

それは、若ければ若いほど、早く回復し より高い機能にまで高めることが
可能になります。

子供の近視も同じように、早く気づいてトレーニングを開始すれば するほど、
短期間で視力を回復することができ、より一層 よく見えるようになれます。

日常生活においても、デスクワークが主な人は、体を動かすお仕事に人に比べて
足腰が弱く、それによって腰痛を起こす人も多いです。

生活習慣病も その代表的な1つでしょう。

適度な運動、休息を行わなければ、体全体の筋肉の衰えも早く、肉体的な若さと
柔軟性も失ってしまいます。

逆に、適度な運動と休息を欠かさない方は、逆に、常に健康的で若々しく、
病気知らずの、ケガしらずの体を維持し続けることが出来るのです。

 

子供の近視においては、特に、お子さんは若いですから、早くトレーニングを
始めれば、それだけ短期間で 子供の近視を回復させ、視力アップすることも
可能になるのです。

このサイトでも、代表的な視力アップトレーニングを公開しておりますが、
どれも実践すれば、効果はあります。

ただし、私自身実践してみた結果、どれも効果はありますが、継続できるかどうか、
そこに尽きる
と思います。

私たち親子は、サイトにあることは実践し 効果も感じています。

が、やはりどれも続かず三日坊主で挫折してしまったのです。

もしあなたが、継続できる方であるならば、このサイトで公開している
「目のストレッチ」「視力回復アップトレーニング」を継続することが出来れば、
視力アップさせることは可能
です。

 

しかし、もしあなたが、私たち親子と同じように「続かない、飽きる、挫折した」
経験がおありでしたら、記事一番最後にある“イチロー選手”も取り入れている
視力回復トレーニング
を お勧めいたします。

ゲーム感覚でできるだけでなく、継続してできるため、より短期間で視力アップの
効果をご体感いただくことが出来ると、自身の体験からもそう確信しています。

以上、視力のプロから教えて頂いた、子供の近視は、必ず回復する理由について
言及いたしました。

今日も最後までお読み下さり ありがとうございました。

市川 信明

<<21話:視力低下を防ぐ部屋の明るさ23話:目の疲れと脳の疲れの関係 >>
視力アップノウハウ目次に戻る

■より効率よく、短期間で視力アップしたい方へ

コメントを残す