目の衰えを放置すると視力の老化を早める!

rouka■目の衰えの放置は視力の老化を早める!

こんにちは。30歳を越えたあたりから、運動能力の低下を身に沁みて感じている 市川です(涙)

草野球をやっていると、特に視力の老化だけでなく、運動能力の老化も身に沁みて感じているのですが、これは何も、年齢的なものだけでなく 運動能力の低下には、視力の低下(視力の老化)にも原因があるそうです。

前回の記事では、専門家の方から学んだ、視力の低下が目、脳、運動能力を奪い
機能を低下させていることをお伝えしました。

人間は、目から80%の情報を得ていることを考えてみても、それだけ、
私たちにとって“目”は、人生を左右する、といっても過言ではありません。

 

そもそも、目と脳の神経は繋がっていますから、目の衰えはそのまま、脳の衰え
と考えてもなんら不思議はない。と専門家は言います。

脳は、目だけでなく 人体すべての機能を司っています。

もし、脳神経系に何らかの問題が起きた場合には、当然、身体機能の衰えを
招く可能性が高くなります。

たとえば、脳の言語分野に障害が起きると、言葉を話すことが思うように
出来なくなります。

記憶をつかさどる脳の分野に障害が起きると、記憶障害。

脳の視覚野が障害を起こすと、被写体の色や形、大きさ、見えるモノ全てが
今とは180度 違う世界になるでしょう。

 

このように、脳が何らかの障害を受けた、というのであれば 身体機能の衰えにも
つながることは、誰でも分かることだと思います。

しかし、それが、視力の衰え(視力の老化)も身体機能の衰えにも影響してくる。というのは、
驚きですが、少し考えれば、目と脳は視神経でつながっているのですから、
納得のいく話ですよね。

そして、さらに専門家の方がいわれるには、

◆視力の衰え → 脳に影響を与え衰えにも繋がる → 老化を早める

という図式が成り立つそうなのです。

rouka1

体の衰えの最初の兆候である 視力低下は 老化の兆候でもあり、その衰えを
できる限り早く発見し、トレーニングを行うことで回復、視力アップを目指す
ことがとても大事になってくる。

目の機能が向上すれば、目と脳の神経は繋がっているため、脳の機能も向上する
ことになり、老化を遅らせることも可能になるのです。

目の衰えを放置すると、視力の老化を早めるだけでなく、脳も、身体機能も
全ての老化を早めることにも繋がるため、今すぐ視力回復トレーニングを行い、
視力回復、視力アップに努めることを お勧め致します。

私自身も、視力の老化を抑制するためにも、皆さんと一緒に、以下の視力回復
トレーニングを行って行こうと思います。

 >> 現在進行形で 親子で一緒に実践しているトレーニングがコチラ(無料です)

 

以上、視力の低下は 動体視力も低下する理由を お送りしました。
次回は、視力の低下を放置すると老化につながる理由をお伝えします。

今日も最後までお読み下さり、誠に ありがとうございました。

市川 信明

<<36話:視力の低下は動体視力も低下する38話:目が悪くなる原因は身体の健康不良 >>
視力アップノウハウ目次に戻る

■より効率よく、短期間で視力アップしたい方へ

コメントを残す