レーシック後の視力低下を回復する方法

reレーシック後の視力低下

こんにちは。市川です。
本日も ご訪問くださり、誠に ありがとうございました。

さて、昨今 レーシック手術を受ける方が 増えてきたと同寺に、「レーシック後に視力低下が起こった」など、ニュースになるほど大きな問題になっています。

視力を上げるために、大金を叩いて 手術を受けたのに、かえって視力が
下がった…では、詐欺みたいなものですよね…。

とはいえ、残念ながら、レーシック後の視力低下は、遅かれ、早かれ、必ず訪れます。

 

レーシックは角膜の形状を変えて、光の屈折率を変化させることで、
視力を回復させる方法
です。

ですから、レーシック後に視力低下が起きたからといって、角膜の形状を
どの程度 変えたのか? にもよりますが、そう簡単に、また手術をして
視力を上げましょう。とか、手術前の視力に戻す。ということは出来ません。

前述のとおり、レーシックは 角膜の形状を変えて、光の屈折率を変化させる
それによって、視力を回復させる方法です。

その為、レーシック手術を受けたからといって、近視が治った訳ではないのです。

自分自身の目を、「コンタクトレンズに変えた」ようなものなのです。

 

近視の原因は、毛様体や水晶体の柔軟性が低下したことによるため、
レーシック手術を受けたからといって、根本的な問題解決にはなりません。

冒頭の通り、レーシック後の視力低下は、遅かれ、早かれ、必ず訪れます。

毎日パソコンを使う人で、レーシック手術を受けた人は、かえって目が
疲れやすくなる傾向があり、老眼年齢も早くなるため 注意が必要です。

レーシック手術を受けた方は、手術後はできる限り 目を酷使しないよう、
疲れさせないように 気を付けることが大切です。

 

しかし、もし仮に、レーシック手術を受けられた方で、視力低下を感じていらっしゃる方は、

以下以の “オレンジ色のボタンをクリック後” に表示される、
「 ただいま 無料メール相談受付中 」から、視力のプロの方に
まずは、ご相談をされて見ることをお勧めいたします。

 

このような、レーシック後の視力低下の深刻な問題は、視力のプロに聞いたり、
相談することが、一番早く、かつ、確実に問題を解決できる方法です。

それでは、今日も最後までお読み下さり ありがとうございました。

市川 信明

<<視力が低下する原因トップドライアイの原因と対策>>

■より効率よく、短期間で視力アップしたい方へ

コメントを残す