近視矯正手術をしても視力は低下する

re近視矯正手術をしても視力は低下します。

こんにちは。次女が 38.5℃の熱を出したので看病をしていた、市川です。

次女の看病をしながら、風邪やインフルエンザなどに気を付ける季節を迎えたことをしみじみと感じていた今日この頃。皆さんも体調にはお気を付けください。

さて、ないかと最近、近視矯正手術に関する良いニュースや悪いニュースを
見たり、聞いたりします。

芸能人や 有名なスポーツ選手も 近視矯正手術を行っていることもあり、
また、安全性も高まってきたこともあり、一般の方も 近視矯正手術を
行う人が増えてきました。

しかし、同時に、話題性や広告文を鵜呑みにして、近視矯正手術の
デメリットや、リスクの危険性について、知らない方も沢山いらっしゃいます。

 

近視矯正手術の落とし穴

たとえば、近視矯正手術を行えば、回復した視力が一生 続くものと
思っておられる方もいらっしゃいますが、手術をしても 数年も経てば
視力は低下していきます。

あくまでも、交換する必要のないコンタクトレンズを、手術によって
目に装着しているような物なのです。

正常な角膜を削って、無理やり視力を上げているのですから…。

ですから、コンタクトレンズを装着していても、裸眼視力は 低下していく
のと同じように、先々では視力は低下していきます。

 

しかも、視力が低下したとしても、普通のコンタクトレンズのように
視力に合わせて度を変えることが出来ません。

一生 替えの利かないコンタクトレンズを、装着しているものなのです。

つまり、手術をしたからといって、近視が治った訳ではありません。

さらに、手術を受ける方が増えてきたと同時に、感染性角膜炎などを
発症するなど、手術によるトラブルも増えてきています。

 

近視矯正手術は、将来 角膜の混濁や 白濁が起こるリスクもある。

しかし、このような手術後のトラブルよりも、もっと問題なことは、
将来起こる角膜の混濁や、白濁です。

角膜の混濁や、白濁が起これば どのような問題が起きるのか?

角膜が濁ってしまう、ということは、カメラのレンズが汚れることと同じです。

カメラのレンズが酷く汚れると、被写体がぼやけて移らなかったり、
下手をすれば 全く被写体が見えなくなる。

それと同じように、目が見えなくなる可能性が大なのです。

 

近視矯正手術については、昔に比べて費用も比較的安く、

  • クリニックによって大きく異なりますが両眼で10~50万円。
  • 手術時間も30分程度。
  • さらには、入院もする必要のない

などなど、確かに以前に比べれば、安全性も高くなってきました。

 

しかし、安易に広告文や 「 安くて安全!」 などという耳触りの良い
言葉に惑わされないことです。

上記のようなデメリットもある上で、本当に近視矯正手術が必要なのか?どうか?
自問自答した上で、受ける、受けない、を決断されることをオススメします。

個人的には、金銭面や健康面など、あらゆるリスクを起こしてまで手術を
しても、結局は、視力低下を起こすのであれば、私は、リスクも全くなく、
費用も遥かに少なくてすむ、視力回復トレーニングを行います。

 

ですので、もし、近視矯正手術を迷っている方で、上記のことを踏まえた上で
自問自答し、「 手術を受けない 」 と決断された方は、このブログにある
視力回復トレーニングを実践してみて下さい。

既に 3817名の小中高生・大人の方の視力を、90日以内に メガネが要らない
レベルまで回復することに成功
した、効果が実証済みの方法ですので、
あなたの視力も回復する可能性が 高いといえます。

 

「 既に、近視矯正手術を受けて 視力が再低下してきている。」

という方は、以下のサイトより、私も子供とともに お世話になっている
視力回復のプロに、ご相談ください。
早くアドバイス通りに対策をすれば、元の視力まで戻すことが可能です。

 >> 近視矯正手術後に視力が再低下した方は、コチラをクリック!

今日も最後までお読み下さり、誠に ありがとうございました。

市川 信明

<<16話:網膜剥離の原因18話:執筆中 >>
近視を回復させる方法 目次に戻る

■より効率よく、短期間で視力アップしたい方へ

コメントを残す