視力改善法:日常から目を良くする6つの方法

kodomo1■6つの視力改善法

こんにちは。市川です。サイトにお越し下さり、誠に ありがとうございます。

さて、早速ですが、前回の続き「視力改善法」をお送りしたいと思います。

今の視力低下が起こっている原因は、病的な問題でない限りは、目の筋肉の疲れ、衰えによるものが大きいです。

そして、それは、日常生活において とても目を酷使していたり、過剰な負荷をかけているからかも知れません。 「視力改善法:日常から目を良くする6つの方法」の続きを読む…

視力を良くする方法5つ【生活リズム】

kodomo1■生活1つで視力を良くする方法

こんにちは。50m先の お店の看板の文字が、ボヤけて見えない 市川です。

20歳前後までは、視力が「両目1.5」だったのに、看護の仕事でもパソコンを触ることが多くなった影響からか、途端に視力が低下したのを実感します。

「両目1.5」はきっと、小学校~高校まで ほとんど勉強という勉強をしたことが なかったことも、大きく影響していると確信しています(笑)

そんな勉強を一切しない生活を送ってきた私でしたが、視力が良かったもう1つの
理由としては、田舎育ちだったことも大きいと思います。 「視力を良くする方法5つ【生活リズム】」の続きを読む…

乱視の回復に効果絶大!マッサージ【其の弐】

teika乱視の回復に効果絶大!マッサージ【其の弐】

こんにちは。市川です。
本日もご訪問くださり、誠に ありがとうございます。

さて、前回では、乱視の回復に効果絶大な2種類のマッサージの内1つをご紹介いたしましたが、今回も引き続き、2つめのマッサージ法をご紹介して参りたいと思います。

それでは早速、実践に移りましょう!

■乱視の回復に効果絶大!マッサージ-其の弐-

1.まず部屋の中、もしくは、外の壁でもなんでもよいので、目安となる
  縦と横のラインを選んでください。

  床のラインでも良いですし、机、本棚、タンス、縦と横の線状の物で
  あれば、なんでも良いです。

  そのラインが見つかれば、30センチ~30メートルの間で距離を取ります。

ransi1

2.そして、その縦と横のラインを片目でみつめます。
  もう片方の目は 閉じておいてください。

  すると、乱視がある場合には、縦と横のラインがだぶって見るはずです。

ransi2

3.今度は、ダブって見えた目のまぶたを、人差し指の腹で軽く押さえながら
  再度、縦・横のラインを見つめてみて下さい。

  まぶたの上を いろいろ指の腹で押さえていると、ダブらなくなってくる
  ポイントが見つかるはずです。

ransi3

4.ポイントが見つかれば、その場所を10回マッサージしてください。

ransi4

5.片方の目のマッサージが終わりましたら、今度は反対の目も同様に
  ポイントを探して、マッサージをしていきます。

  1日数回行っていると、ダブらなくなるポイントが変わってきますので、
  10日に1度は、ポイントの位置をチェックされることをお勧め致します。

尚、前回の記事でもお伝えしました通り、乱視の回復マッサージだけでは
乱視を改善することは困難です。

必ず、遠近ストレッチと、明暗トレーニングを行った後に、乱視の回復マッサージを
行ってください。

【乱視改善までのステップ】

  • ステップ1.遠近ストレッチ
  • ステップ2.明暗トレーニング
  • ステップ3.乱視の回復マッサージ2種

以上、乱視の回復に効果絶大な2種類のマッサージをご紹介いたしました。

近視、遠視、老眼、乱視でお悩みの方に、少しでも記事の内容がお役に
立てましたら幸いです。

今日も最後までお読み下さり ありがとうございました。

市川 信明

<<7話:乱視の改善マッサージ【其の1】9話:視力アップトレーニング【明暗トレ】>>
視力アップノウハウ目次に戻る

乱視の改善に効果絶大!2種類のマッサージ

teika乱視の改善に効果絶大!2種類のマッサージ

こんにちは。市川です。
本日もご訪問くださり、誠に ありがとうございます。

前回では、ピントを合わせる筋肉を鍛え 視力アップに効果的な「明暗トレーニング」そのやり方が 具体的にお伝えいたしました。

近視、遠視、老眼でお悩みの方は、「遠近ストレッチ」と「明暗トレーニング」
を セットで、1日10分程度でも行って頂けましたら、効果を実感
できます。

しかし、乱視の改善に限っていえば、上記の2つのトレーニングだけでは
十分ではありません。 「乱視の改善に効果絶大!2種類のマッサージ」の続きを読む…

目が良くなるトレーニング法を公開中!

kinniku目が良くなるトレーニング法を公開中!

こんにちは。市川です。本日もご訪問くださり、誠に ありがとうございます。

前回では、近くのものを見たり、遠くの物を見たりするとき、目のレンズのピントを合わせることが出来るよう 状態を記憶するという、目が良くなるトレーニング法をご紹介いたしました。

今回は、目を「上下左右」に動かす目が良くなるトレーニング法をお送りします。

目を「上下左右」に動かす目が良くなるトレーニング法は、とても有名な方法であるため、
それぞれ教える人によって、多少 やり方が微妙に違います。

とはいえ、どれも実践すれば効果はありますので、ご自身に合うやり方で
行えば、問題ありません。

ここでは、いくつかある目を「上下左右」に動かす方法のうち、1つを
ご紹介したいと思います。

それでは早速、目が良くなるトレーニングを実践していきましょう!

1.指先を鼻の正面5cmほどのところに近づけます。

2.鼻の正面にある指先を両目で見つめたまま、指先を上に
 ゆっくりと上げて移動させていきます。

3.頭を動かさずに眼球だけを動かして、指先が見える限界まで
 高く上げたら、そのままの状態で「1、2、3」と3秒数えます。

4.3秒数え終わったら、指先の位置はそのまま(高い位置のまま)
 で指先を左方向に移動させます。

 この時も、頭は動かさずに眼球だけで左方向の指先を見つめます。
 そして、両目で指先を見つめることができる限界まで 動かしたら、
 一端止めて、「1、2、3」と数えながら両目で指先を見つめます。

5.そして今度は、指先の高さはそのままで 右方向に移動させます。
 そして、指先を見つめることができる限界まで移動させたら、
 「1、2、3」と数えます。

6.高い位置で指先を、右方向、左方向、それぞれ終われば、
  指先を目の高さまでおろします。

 そして「5」と同じように、指先を右方向に動かし「1、2、3」
 終われば、指先を左方向に見える限界まで動かし「1、2、3」。

7.次に、指先を真ん中にまで戻したら、今度は指先を下におろします。
 指先を下に移動させる際には、両目で見つめることができる限界まで
 移動させます。

8.「5」の時と同じように、指先を右方向に動かし「1、2、3」
 今度は左方向に動かし「1、2、3」と数えます。

1~8までの動作を1セット行ってみてください。

眼球を 上下左右 動かす方法は、教える人によって それぞれ違いますが、
どれも効果はありますので、ご自身のやり易い方法、または「やりたい」と
思われた目が良くなるトレーニングを行うことを、オススメ致します。

以下のサイトの下部でも、目が良くなるトレーニング「上下左右」に目を動かす
トレーニング法を、画像付きでご紹介しておりますので、ご参考ください。

>> 「上下左右」に目を動かすトレーニング法(画像付きで解説)

 まばたき法の次に、目を「上下左右」に動かす方法を解説しています。

次回は、紙を見るだけで 目の筋肉を鍛えることができるトレーニング法を
ご紹介いたします。どうぞ、お楽しみに♪

それでは、今日も最後までお読み下さり ありがとうございました。

市川 信明

<<3話:目のトレーニング「遠近ストレッチ」5話:見るだけで目の筋肉トレーニング >>
視力アップノウハウ目次に戻る