子供の弱視は改善するのか?その回答。

ai子供の弱視を改善する方法

こんにちは。子供たちにうつされた夏風邪から、や~っと 回復傾向に向かっている市川です(涙)

さて、前回の記事では、読者さんから頂いた「老眼も回復できるのでしょうか?」というご質問を、視力回復の専門家の方にお聞きして得た 回答を、このサイトを通じてお伝えいたしました。

今回も、子供の弱視は改善するのでしょうか?」というご質問。

子供の弱視とは、メガネをかけても視力が0.3しかない状態を弱視といい、私の妻がまさに、メガネをかけても視力が0.3しかありません。

そのため、車の運転でもよく、ぶつけたり、つい先日は、助手席側のサイドガラスを
割ってしまう事故をしてしまいました……。

物がハッキリと見えないため、身体をよくぶつけたりもします。

本当に、命に直結するぐらい“視力”は大事だと、妻を通してすごく感じます。

 

子供が弱視ともなれば、親御さんとしてみたら、まるで死刑宣告を受けた
かのような強いショックを受けられるのではないでしょうか?

わが子が視力0.5と知っただけでも、強いショックを受けたのですから、
その何倍もの辛さだと、容易に想像がつきます。

このような子供の弱視でも、視力は回復するものなのか、どうなのか?

視力回復の専門家の方に、老眼は回復するのか?その質問をした時に
一緒に聞いてみましたので、この場を借りてお伝えいたします。

 

「子供の弱視でも、視力は回復するものなのか?」

その答えは、眼科で弱視と言われたケースの8割以上は「弱視もどき」であり、
時間と労力はかかるけれども、正しい方法で視力回復トレーニングを行えば、
あるていど視力は回復する。そうです。

これは、子供の弱視に限らず、遠視・乱視・斜視にも同じことが言えます。

正しい対処をすれば、必ず視力も良くなります。

特に、お子さんの場合は、すぐに対策を行えば行うほど、早く効果を
実感することができるため、早期発見・早期治療が何よりも大切です。

 

以下の視力回復トレーニングを行うことで、子供の弱視を改善することが
出来ている人もいますので、まずは、無料メール相談を受けられることを
お勧めいたします。

子供の弱視が分かれば、すぐに行動するべきです。

1分1秒でも遅くなれば、それだけ回復できるチャンスが遠のきます。
まずは、以下から専門家の方に相談してみることが賢明です。

 >> 子供の弱視について専門家に相談してみる方は コチラ

今日も最後までお読み下さり、誠に ありがとうございました。

市川 信明

<<14話:老眼は回復するのでしょうか?16話:網膜剥離の原因>>
近視を回復させる方法 目次に戻る